ヨーグルトと乳酸菌の秘密

ヨーグルトの効能の秘密

ヨーグルトを食べるときにもっとも期待される効能が、その高い整腸作用です。
ヨーグルトの整腸作用は醗酵にに使われるビフィズス菌などの乳酸菌によるものです。ヨーグルトを食べると腸内に乳酸菌が増えることで悪玉菌を抑えます。軟便の原因になる悪玉菌の増殖を抑える一方で、乳酸菌は腸内で便の量をふやしたり、腸を刺激してぜん動運動を引き起こす酸を生成しています。ヨーグルトが下痢にも便秘にも良いのはこのためで、スムーズなお通じを助けています。

ヨーグルトで腸内環境を整えよう

ヨーグルト,水切りヨーグルト,自家製ヨーグルト,乳製品,乳酸菌

 市販のプレーンヨーグルトには、トクホ(特定保健用食品)と表示されているものを多く見かけらることができます。
 トクホとは健康づくりのための食習慣改善のきっかけとして「○○が気になる方に」という効能効果を表示することを厚生労働省から認可された食品です。
 ヨーグルトの場合、便秘や下痢を改善する「おなかの調子を整える」効果が科学的にも認められているということなのです。
 ヨーグルトの発酵に使われる乳酸菌やビフィズス菌は、腸で増えて悪玉菌を抑えます。
 その一方、便の量を増やしたり、腸を刺激してぜん動運動を引き起こす酸を生み出したりもします。そのためヨーグルトを食べると、ニオイの少ないお通じがスムーズに起こるようになるのです。
 しかし残念ながら、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は腸に定着しにくいといわれていて、すぐに腸を通り過ぎてしまいます。毎日食べる習慣付けも大事なのです。

 


整腸作用だけではないヨーグルトの秘密

高い整腸作用からすっかり健康食品として定着したヨーグルトですが、新たに整腸作用以外の効能も解明されてきています。ヨーグルトはもともと世界的に長寿地方として有名なブルガリアで食べられていることから着目された食品です。整腸作用以外にも健康維持につながる効能が次々と明らかになっています。たとえば、体内で乳酸菌はビタミンやたんぱく質をつくるのに役立っていたり、コレステロールや血圧をさげる効果から生活習慣病や脂質異常症の予防にも役立っています。また、からだの免疫力を高めたり、花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果も明らかになっています。この他にも美容面からは肌の弾力や乾燥を改善する効果も期待することができます。