乳酸菌ってなに?:ヨーグルトと乳酸菌の秘密

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌は、オリゴ糖や乳糖を食べて乳酸を作り出しています。人間の腸の中には100兆を超える腸内細菌が生息しており、体にとって良い働きをするものを善玉菌、悪い働きをするものを悪玉菌と呼んでします。乳酸菌は悪玉菌の増殖をくいとめる善玉菌の代表格といえるでしょう。
乳酸菌は丸い形をした球菌と、棒状の桿菌の二つに分けることができ、総数で200種類以上が確認されています。乳酸菌といえばヨーグルトと連想しがちですが、バターやチーズなどの乳製品から、キムチやぬか漬けなどの様々な発酵食品に含まれています。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌には動物性と植物性があります。ヨーグルトやチーズなどの乳性発酵食品に含まれる乳酸菌を動物性乳酸菌、漬物やぬか漬けなどにふくまれる乳酸菌を植物性乳酸菌とされます。
動物性乳酸菌は胃酸などで腸に届く前に多くが死んでしまいますが、もともと塩分やアルカリの強い状況で生きることができる植物性乳酸菌は、胃酸にも耐え生きたまま腸に届くことができます。最近では植物性乳酸菌と豆乳などで作られたヨーグルトも気軽に購入することができるようになっています。

乳酸菌とオリゴ糖

乳酸菌などの善玉菌を腸内に定着させたり、増やしたりするのに役立つのがオリゴ糖です。オリゴ糖はタマネギやゴボウ、大豆などの食品にもごく微量ながら含まれていました。しかし注目を集めたのは人工的に酵素を使って生産技術が広まってからです。オリゴ糖は消化されにくく胃や小腸では消化されずに大腸まで運ばれます。そして乳酸菌などの善玉菌の栄養となる一方で、悪玉菌は一切見向きもしないという特性があります。そのため、オリゴ糖はデメリット無く乳酸菌などの善玉菌を増殖させることに役立ちます。ヨーグルトなどで摂取した乳酸菌をさらに役立てるのに適した栄養素といえるでしょう。