豆乳を使ってカスピ海ヨーグルトを作ろう:ヨーグルトと乳酸菌の秘密

豆乳を使ってカスピ海ヨーグルトを作ろう

カスピ海ヨーグルトの栄養価の高さは、インターネット等で調べる事が出来ます。情報通り、便秘や下痢などの悩みが解消されたという話はよく聞きます。
カスピ海ヨーグルトを愛用している人の多くは、家庭で作れる手軽さをあげています。株分けが出来るカスピ海ヨーグルトは、種菌があれば後は牛乳があれば簡単に作る事が出来るのです。
牛乳で作るカスピ海ヨーグルトですが、さらに栄養価をあげるために豆乳で作っている人もいるようです。豆乳で作る事が出来れば、女性には嬉しい大豆イソフラボン効果までもカスピ海ヨーグルトから得る事が出来るようになります。
豆乳でカスピ海ヨーグルトを作る注意点は、調整豆乳を使う事です。種菌が発酵しなければ、カスピ海ヨーグルトを作る事が出来ないからです。
豆腐屋さんなどで売っている、豆乳だと発酵しない恐れがあります。使う豆乳には、十分に注意してください。
後は、牛乳で作る時と同じ方法でカスピ海ヨーグルトを作る事が出来ます。ただし、豆乳で作ると、臭いがきつくなり苦手だという人が多くいます。
まずは、豆乳を飲む事が出来るか試してみましょう。豆乳を飲めない人は、やはりカスピ海ヨーグルトにしても、食べる事が出来ない人が多くいるようです。
豆乳でカスピ海ヨーグルトを作るのであれば、いろいろと注意が必要となるようです。

 

 

豆乳を使ってカスピ海ヨーグルトを作ろう関連エントリー

カスピ海ヨーグルトの種菌を安定させよう
カスピ海ヨーグルトを種菌を使い、家庭で作る場合はいくつか注意点があります。保管する容器、種菌の臭いや変化に注意する事です。
カスピ海ヨーグルトに使う牛乳は
カスピ海ヨーグルトを作る際には、温度が低すぎると発酵に時間がかかってしまいます。そのため使用する牛乳は出来れば常温の物を用意しましょう。