カスピ海ヨーグルトに使う牛乳は:ヨーグルトと乳酸菌の秘密

カスピ海ヨーグルトに使う牛乳は

カスピ海ヨーグルトの種菌があれば、何度も再生してカスピ海ヨーグルトを作る事が出来ます。その際に使うのは牛乳です。
カスピ海ヨーグルトを作る時に使用する牛乳は、出来れば常温の物を使用しましょう。発酵するためには、温度が低すぎるとなかなか発酵せず時間がかかってしまうからです。
ですが、普通牛乳は冷蔵庫で保管してあります。常温に戻るまで、放っておくのも危険です。
そういう時は、少し温めるのが有効的ですが、ここでも注意が必要です。まず、鍋などで牛乳を温める時は、雑菌が混ざってしまうので気を付けてください。
鍋を消毒してから、牛乳を温めれば問題はありません。ですが、そこまでやる人はなかなかいないでしょう。
カスピ海ヨーグルトは、乳製品です。長く愛用するためにも、出来るだけ雑菌が混ざらないように気をつけなければいけません。
そして、牛乳とカスピ海ヨーグルトの種菌を入れた状態で、電子レンジで温めてはいけません。急激に温度を上げてしまうと、菌が死滅する可能性があります。
電子レンジで温める場合は、先に話したように雑菌にも注意して、牛乳だけを温めましょう。常温になったら、カスピ海ヨーグルトの種菌と混ぜるようにしましょう。
カスピ海ヨーグルトは、家庭で簡単に作る事が出来ますが、長く愛用するためにも以上の事は注意してください。

カスピ海ヨーグルトに使う牛乳は関連エントリー

カスピ海ヨーグルトの種菌を安定させよう
カスピ海ヨーグルトを種菌を使い、家庭で作る場合はいくつか注意点があります。保管する容器、種菌の臭いや変化に注意する事です。
豆乳を使ってカスピ海ヨーグルトを作ろう
性には嬉しい大豆イソフラボン効果までもカスピ海ヨーグルトから得る事が出来るようになります。