カスピ海ヨーグルトの作り方:ヨーグルトと乳酸菌の秘密

カスピ海ヨーグルトの作り方

カスピ海ヨーグルトは株分けする事が出来ます。知り合いにカスピ海ヨーグルトの種菌を持っている人がいたら、株分けしてもらいましょう。
では、株分けしてもらった種菌をどうしたらカスピ海ヨーグルトにする事が出来るのでしょうか。カスピ海ヨーグルトの作り方をご紹介します。
カスピ海ヨーグルト100g位に対して、牛乳1リットルを使います。飲みかけの牛乳を使ってはいけません。雑菌が入り込んでいる可能性があるからです。
購入してきたばかりの牛乳をまず電子レンジで少し温めましょう。温度が常温か常温より少し高めだと菌の繁殖が早く、カスピ海ヨーグルトを短時間で作る事が出来ます。
牛乳を温めたら、パックの中にカスピ海ヨーグルトの種菌を入れましょう。消毒した柄の長いスプーン等でよくかき混ぜます。
スプーンを使うのが心配であれば、牛乳を少し減らした状態で種菌を入れましょう。そうすると、カップの口を閉める事が出来るのでパックごと振る事が出来よく混ざります。
後は、冷蔵庫に入れず常温で保管します。冷やすと菌の繁殖に時間がかかるからです。
パックの口を横にしても固まっているようであれば出来上がりです。次にカスピ海ヨーグルトをまた作ろうと思っている人は、出来たカスピ海ヨーグルトを少しだけ綺麗な容器に入れておきましょう。
これでまた、カスピ海ヨーグルトを作る事が出来ます。

カスピ海ヨーグルトの発酵時の注意

カスピ海ヨーグルトは種菌と牛乳があれば、簡単に作る事が出来ます。
しかし上手に発酵させることができない人も大変多いと聞きます。カスピ海ヨーグルトを作るときには、いくつか注意点があります。
カスピ海ヨーグルトを発酵させる時は、冷蔵庫にいれるのはやめましょう。温度が低いと、菌の発酵に時間がかかってしまいます。
冷蔵庫に入れていても、カスピ海ヨーグルトを作れないわけではありません。ですが、時間はかかるし、あまり固まらずドロドロになる可能性があります。発酵時は、出来るだけ常温を保つようにしましょう。
カスピ海ヨーグルトの発酵途中に、かきまぜる方がいるようです。が、これは間違いです。
せっかく出来た菌の対流を邪魔してしまうので、発酵が出来なくなります。初めて作る人は特に気になるでしょうが、絶対に混ぜないようにしましょう。
カスピ海ヨーグルトを作る容器は、雑菌の消毒をするようにします。その際に、水気を布巾で拭き取ってしまう人がいますが、それはダメです。
というのも、布巾に雑菌がいる可能性があります。せっかく消毒しても、布巾からまた雑菌が移ってしまうのです。
多少水分があっても、カスピ海ヨーグルトを作る事は出来ます。拭き取らずに作るようにしましょう。

 

カスピ海ヨーグルトの作り方記事一覧

カスピ海ヨーグルトの種菌を安定させよう

カスピ海ヨーグルトを種菌を使い、家庭で作る場合はいくつか注意点があります。保管する容器、種菌の臭いや変化に注意する事です。そして、少しでも状況の変化に気付いたら、種菌の復活を試みます。おかしいところは、食べないようにしてください。様々な注意が必要なカスピ海ヨーグルトの種菌を、出来るだけ安定させて、次...

≫続きを読む

 

豆乳を使ってカスピ海ヨーグルトを作ろう

カスピ海ヨーグルトの栄養価の高さは、インターネット等で調べる事が出来ます。情報通り、便秘や下痢などの悩みが解消されたという話はよく聞きます。カスピ海ヨーグルトを愛用している人の多くは、家庭で作れる手軽さをあげています。株分けが出来るカスピ海ヨーグルトは、種菌があれば後は牛乳があれば簡単に作る事が出来...

≫続きを読む

 

カスピ海ヨーグルトに使う牛乳は

カスピ海ヨーグルトの種菌があれば、何度も再生してカスピ海ヨーグルトを作る事が出来ます。その際に使うのは牛乳です。カスピ海ヨーグルトを作る時に使用する牛乳は、出来れば常温の物を使用しましょう。発酵するためには、温度が低すぎるとなかなか発酵せず時間がかかってしまうからです。ですが、普通牛乳は冷蔵庫で保管...

≫続きを読む